ストレスチェック業務支援サービス

ストレスチェック義務化対策

2014年6月25日に公布、2015年12月1日より施行された「労働安全衛生法の一部を改正する法律」により、ストレスチェック制度が義務化されました。従業員数50人以上のすべての事業場には、従業員の心理的な負担の程度を把握し、適切なメンタルケア対策につなげていくことが求められています。

企業健康診断、巡回健診、メンタルヘルス診断・対策をサポートする「株式会社健康プラザ」では、このストレスチェック制度に対応したサービスをご提供しています。厚生労働省が示す指針に則った適正な検査の実施とフォローを行い、従業員の皆様のメンタル不調の予防と企業様の生産性向上に貢献しますので、どうぞお気軽にご相談ください。

【ストレスチェックとは?】

ストレスチェックとは、メンタルヘルス対策の充実・強化を目的として行われるメンタルケア対策です。制度が創設されたのは、精神疾患による労災件数が3年連続で過去最多を更新しているという現状があり、従業員の身体の健康状態だけではなく、心の健康状態もチェックする必要性が高まったことに起因します。

■対象となる事業場
常時雇用する従業員が50名以上の事業場

■実施回数
1年以内ごとに1回
仕組みを導入することが経営者の義務となります。

ストレスチェック制度のポイント

ポイント1ストレスチェックの該当者について

従業員50名以上の事業場において、常時使用する労働者※に対しストレスチェックを実施すること
※「常時使用する労働者」とは、以下のいずれの要件をも満たす者である。

ポイント2医師による面接指導の実施について

ストレスチェックによって「高ストレス」と判断された従業員からの申し出があった場合、医師による面接指導を実施すること。

ポイント3就業上の措置について

ストレスチェックおよび面接の結果に基づき、必要と判断された場合には、就業上の措置を講じる必要があること。

健康プラザのストレスチェック業務支援サービス

ストレスチェック実施から面接指導まで、トータルサポートします。実施規定の作成や受検者への通知書類の作成など、実施前の準備業務も承ります。

サポート範囲
サポート範囲

ストレスチェック実施イメージ

PC・スマートフォン・タブレットを使用してのWebによる受検と、マークシートを使用しての筆記による受検のいずれにも対応可能です。ストレスチェックによって「高ストレス」と判断された従業員からの問い合わせ窓口を開設し、面接指導の手配まで実施。ストレスチェックの結果は、5年間の保存が義務付けられています。

ストレスチェックの実施
ストレスチェックの実施

メールでのお問い合わせ

トップへ戻る