企業の健康診断業務

企業の健康診断をアウトソーシングしませんか?

近年、労働者の心身の疲労やストレスがメディアなどで取り沙汰され、「過労死」「うつ」は社会問題にまで発展しています。また、これら心身の負担が、脳・心臓疾患の発症リスクを高めることもわかっており、労働が健康を脅かす一因になっているという側面もあります。

こうした労働者の健康問題に対し、企業には労働者の健康を守るための適切なヘルスケアマネジメントが求められています。中でも企業健診は、労働安全衛生法により、経営者が労働者に対し実施することが義務付けられており、健全な企業経営においても必要な業務となっています。

企業健診とは

健康診断には、主に「一般健康診断」と「特殊健康診断」の2種類があります。

一般健康診断 一般的な労働者が受診する健康診断です。
特殊健康診断 法令で定められた業務または特定の物質を取り扱う労働者を対象にした健康診断です。

経営者には、受診した労働者に診断結果を通知する義務、診断結果に基づき健康診断個人票を作成して5年間保管する義務が課せられています。また、診断結果で身体に異常が見付かった場合は、医師や保健師による保健指導を実施し、労働者の健康維持や病状回復に努めなければなりません。

健康プラザのご提供サービス

企業健康診断、巡回健診、メンタルヘルス診断・対策をサポートする「株式会社健康プラザ」では、健診機関の手配から社員個々のニーズに応じた健診項目の選定、スケジュール調整、健診結果後のフォローまでワンストップでご提供しています。画一的な健康診断サービスではなく、ニーズに合わせたカスタマイズ可能なサービスをご提供可能です。

健康プラザのご提供サービス

健康プラザなら!

企業様の業態や規模、ニーズに合わせて、自由度の高いサービス提供ができるのが、弊社の強みです。創業以来、中小企業様をはじめ多くの企業様に弊社サービスをご利用いただいています。全国に対応しており、病院健診・巡回健診いずれも可能です。

≫ 健康プラザの特長はこちら

メールでのお問い合わせ

トップへ戻る